ファイル共有化とは、パソコン同士をネットワークで繋ぎ、共有化のためのフォルダを作成して行う事が一般的です。

ただし、これにはいくつかのリスクがあります。
操作の権限によっては、そのファイルを削除する事が可能であり、誤って削除してしまうリスクがあります。

又、多くの人が一度に利用する場合や、大容量の内容であれば、データを提供しているパソコンに対して多くの負荷が発生してしまう可能性もあります。

有名な共有化の中に、クラウド型と呼ばれる、ネットワーク上にあるサーバーを利用して行う方法があります。

これは、インターネットに繋がったサーバーを利用するため、パソコン同士を繋ぐネットワークを構築しなくても、外出先の端末からダウンロードする事が可能になります。

All Aboutの新しい情報です。

例えば、営業先にデーターを引き渡す場合、メールに大きなデータを添付するよりは、サーバー上に保存しているデータのアドレス先を指定する事が可能であり、負担を軽減する事が可能になります。



これは、複数の方へ同じデータを引き渡す場合は、より効果を高める事ができます。

現在は、動画によるデータの扱いが従来よりも多くなってきているため、ファイル共有化はクラウド型で行う事が望ましく、会議で撮影をした動画を共有化すれば、多くの社員に会議の内容を伝える事も容易であり、又、従来撮影した動画の確認もすぐに見つけ出し確認するためにも最適な内容となっています。営業先に出向く打ち合わせの中には、手持ちの資料以外の資料を必要となる場合もあり、サーバーにファイルを置いておけば、必要な時に必要なファイルを用意するメリットもクラウド型にはあります。